コーティング事業部

遮熱コーティング

「塗るだけで省エネ」遮熱コーティング

「塗るだけで省エネ」遮熱コーティング

遮熱塗装で省エネを実現

真夏の建物は、太陽の直射日光を受け屋根の表面温度が70℃~80℃以上になることもあります。そのため、断熱材が入っている建物でも、どんなに空調で温度を下げても室内にどんどん熱が伝わり室温が上昇してしまいます。遮熱塗料を建物の屋根や壁に塗ることで建物の表面温度をクールダウン、室内に伝わる熱を大幅にカットし、省エネ・空調コストの削減を実現できます。

遮熱塗料とは

太陽光の反射が熱エネルギーに変わるのを抑える塗料のこと。
太陽光が熱エネルギーに変換されるとふく射熱となり、その熱は赤外線による電磁波で伝わります。その赤外線を反射させる機能を持った塗料を遮熱塗料と言います。熱エネルギーに変換されることを防ぐため、建物の中が熱くなるのを防ぐだけでなく、外気温の上昇も防ぐため、ヒートアイランド現象にも効果があります。

遮熱と断熱の違い

一方、空気を媒体として伝導する熱を、熱が伝わりにくい素材で遮ることが断熱です。
室内の熱を逃がさない、または外からの熱さを伝わりにくくする効果があり、年間を通じて冷暖房費を抑えることができますが、ふく射熱は蓄積されるため、ヒートアイランド現象には効果がありません。

遮熱塗装 使用例

倉庫

リムジンバス

保冷倉庫

畜舎

工場

薬品タンク

遮熱コーティング

サイトマップ