リニューアル事業本部

安全で快適な生活を守る(建物を健康に保つ工事)

正確な建物診断が適切な工事につながります。

正確な建物診断が適切な工事につながります。

建物は建てた瞬間から劣化が始まります。風雨、紫外線、また利用によって、少しずつ傷んでいきます。定期的な健康診断とメンテナンスが必要なのは人間と同じ。安全で快適な生活を守るために、しっかりしたメンテナンス工事を行います。

仮設工事

共通仮設工事
工事を行うために必要な現場事務所、資材置き場確保、安全設備などのことを言います。危険箇所の注意喚起等をわかりやすくします。

直接仮設工事
工事に伴い、建物廻りに足場を組み立てます。その際居住者様の導線を考え、安全な足場を組み立てます。資材運搬等の大型車両乗り入れもあるため、ガードマンを配置し皆様の安全を確保します。

ゴンドラ仮設工事
超高層建物や足場設置ができない場合、ゴンドラなど移動式足場での作業となります。シンヨーでは、昇降移動式足場を使用した作業が可能です。

リフトクライマーでの高層マンション施工も可能です。

※リフトクライマーとは
 外壁に設置されたマストと呼ばれる支柱に沿って昇降、必要な時に必要な場所へ作業エリアが移動できる移動式足場です。

躯体補修工事

鉄筋コンクリートの建物では経年と共に中性化や鉄筋の錆びによる爆裂、気温変化によるコンクリートの亀裂発生など、さまざまな劣化現象が発生します。
これらの劣化が原因の剥落事故や漏水などを未然に防ぐため、一つ一つ丁寧に補修します。

防水工事

建物を雨水や紫外線から守り、長期的保護する目的で行う工事です。さまざまな工法がある中、シンヨーではその建物の環境を考え安心して長持ちする工法を提案しています。

塩ビシート防水
廊下やベランダ、階段に使用

ウレタン防水
主にベランダや庇に使用

アスファルト防水
屋上で多く使用

塗装工事

建物はさまざまな部分に塗装がされていますが、塗装は見た目が劣化していると、実は機能も劣化しています。外壁用塗膜は経年により、変色、退色、チョーキング等発生し、10年~15年程度での塗り替えが目安となります。また鉄部は錆がでないよう錆止め処理等も合わせて行います。

外壁改修工事

タイル外壁の場合、浮き、欠けが発生したまま放置すると、落下事故につながる恐れがあります。タイル1つずつ調査を行い、改修工事を行います。

設備工事

経年劣化により給排水の漏水事故はいつ訪れるかわかりません。給水管、排水管、共用部から占有部までのすべての設備に関して早期計画とゆとりの実施が求められています。

サイトマップ